【NBA Finals 2018】チームスポーツのシステムに個人で挑むレブロン

  • 2018.06.01
  • NBA
【NBA Finals 2018】チームスポーツのシステムに個人で挑むレブロン

遂にシーズン締めくくりのNBA Finals!
圧倒的にGSW有利のように見えますが、レブロン無双に期待したいところ。

その前にウェスタンカンファレンスファイナルGAME7について。

戦術の限界か、メンタルの差か

数字だけを見ればロケッツが勝てた試合のようにも見えますが、
個人的にはやはりダントーニHCの少人数ローテの影響が大きかったかなぁと。

カンファレンスファイナルの舞台で言えば、GSWの方が経験は豊富なのでもちろん経験の差はあると思うんですけど、やっぱり激闘が続いたうえでのGAME7でロケッツのメンバーには相当負担がかかってたんじゃないだろうか。

集中力の続いている状態や、リズムが良いときはバコバコ入るんですけどねぇ〜
特にロケッツはレギュラーシーズン通してそういうカタチで攻めてきたチーム。

そう考えるとやっぱりポストシーズンとレギュラーシーズンは同じじゃないってことなのかなぁ。

GAME7にかかるプレッシャーや経験の差、ここぞというときに頼れるメンバーの差、
など色々メンタル的な意見もありそうですが、それも同意。
チームのエースはハーデンですが、CP3が抜けた穴は相当大きかったと思います。精神的に。
内情はわからんのでなんともですが、ハーデンは自分でチームを鼓舞して引っ張っていくようなタイプではないと思うので、そういうリーダーシップはやっぱりCP3。
キッドやフィッシャーしかり、ビラップスしかり。CP3はそっち系だと思うので。

それにしても3P% 7/44 はなぁ…。もちろん戦術によるツケが大一番で来たと思ってますが、
それにしてもなぁ。。あんだけ3Pで攻めたチームがこんだけ入らないかという感じで、ゲーム中はちょっと気の毒にすら感じちゃって。。。
どこでもいいので3Qでもう1,2本入ってるだけでも結果は違っていたかも。

いずれにしてもロケッツは残した戦果は大きかったと思います。
GSWに対してほぼ好きにオフェンスをさせてなかったし、攻めもオープンで打ててたし。
来季もGSWを崩す筆頭はロケッツになるかもですね。

あとはもうちょっとベンチ陣をレギュラーシーズンから育てていかないとだめですね。
ロールプレイヤーが居れば。レナードのロケッツ入りとかありえないかなぁ。
アリーザとPJをローテーションで回す感じで。

もうちょっとゴリゴリ目の4番、5番のポジションやれつつ走れる人間入れたらもっと幅広がりそうな気が。
スモールラインナップはディフェンスも効いてたし、オフェンスも良かったけど外からのシュートが入らないときにハーデンのスラッシュ頼みになっちゃうのはちょっと厳しかったかも。ポストが必要な場面はどうしても出てくるなぁと改めて思いました。

ひとまず来季に期待!

 

4年連続の顔合わせ

レブロン対GSW。

キャブスのメンバーが悪いとは思わないし、みんな頑張ってるのはもちろんわかった上で、
それでも レブロン対GSWという形容は言い過ぎとまではいかないと思ってます。

そのぐらいロスターに差があるし、HCにも差があるし、スタッツにも差がある。

もしも今回キャブスが優勝するようなことがあったら、
それは個人の能力でチームスポーツを支配できたという証明で良いと思います。

いやいやチームスポーツのバスケでそんなことがあっていいわけがない、と思うんですが、
一方でレブロンならあるいは…という可能性も感じさせてしまうのがこの男の凄いところ。

レブロンの凄いところを挙げたらキリがないけれども、「怪我しない」「頭が良い」の2つは大きいと思ってます。
特に今回のFinalsは「頭が良い」が一個ポイントになりそうな気がしてて、
怪我しない、にも通じるのですが体が丈夫なのもありますけど、やっぱりゲームメイクしてて極端にキャブスはFast Breakが少ない。これはレブロンがゲームのペースを落として体力を温存してるから。

一方でGSWはFast Breakからの得点が多いチーム。ただしこれはディフェンスが良いから相手のターンオーバーに合わせて起きてることなので、そもそもランアンドガンというチームではないけれども。

セルツとのGAME6、GAME7でも見せたここ一番のときのレブロンの本気はやっぱりまだまだ無双でした。

シリーズを通してレブロン無双を維持できるかどうか。
スイープでも決しておかしくないチーム力の差。

ただしレブロンはそんなことわかってる上で戦略を練ってるはず。

ということで、見てみたい、という希望も込めて4-3でCLEVELANDの優勝と予想してみる。

 

NBAカテゴリの最新記事